読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shower of Love

心理学やカウンセリング、知っていったことなどを思ったままに書いていきます。

哲学者キルケゴールに花束を。

連日更新してみる。

 

いろんな事考えたり、刺激を受けたりして、どんどん考えが変化していってる。

数週間前にネガティブだったのがウソみたいに穏やか。

 

余裕がないって本当に怖い。

考えも、行動も、何もかもうまくいかなくなる。

 

したいことは何か、だとか、こうしなきゃ、だとかを考え続けていた。

それはもちろん、無駄ではないけど、結局遠回りしてたのかなと思う。

 

一番の近道は自分に正直になること。

何もしたいことが浮かばないなら、ただ心地よく。

したいことがあるなら、それをする。

ただそれだけのこと。

 

絶望とは死に至る病である。

哲学者キルケゴールは言った。

 

でも、果たしてそうだろうか?

もし、自分に絶望して、そんなの自分自身で、自分に失礼だ、とか思って

いろいろ変えられるのなら、絶望するのが手っ取り早い。

もしかしたら、死んでから生まれ変わるのかも。

 

僕は上記の文言しか知らないのですが、きっと、

キルケゴールキリスト教と絡めた内容なので、全く違うと思う。

 

でも。

この一文が頭をよぎるということは、きっと何らかの意味合いがあるのだと思う。

 

自分を大切に。

自分に失礼のないように。

自分で満たすように。

自分で自分を幸福にするように。

 

すると不思議なことに周りにも心から気を配れて、

何事もうまくいって、どんどん良い方に回っていくから。

 

今、びっくりするくらい穏やかで、幸福。

全く焦る必要はない。大丈夫。

思うがままに生きればいい。

運がいいんだ、死にゃしないさ。

 

自分自身に愛を。

哲学者キルケゴールに花束を。