読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shower of Love

心理学やカウンセリング、知っていったことなどを思ったままに書いていきます。

散文詩的な何か

低い空から落ちてきた水滴はやがて滑り台のようになって

僕らはそれを滑り降りていく

 

規則的なテープの音に沿って流れてくるタイプライターの音は

低温のお湯に似た穏やかさを運んでくる

 

似た者同士の二人が過ごす空間は甘美的で

どこかシェルターのような安堵感

 

世界に他者の存在を認識できないような

暖かくも囲われた小さい自由空間

 

誰しもが持っている自分たちだけの場所で

放牧されているかのようにふるまえる

 

自由にしてみるなんて言うだけは簡単だから

とりあえず口に出してみる

 

欲求に素直にできるのならなんと素晴らしいことか

したいことだけできるなんてなんて素晴らしいことか

 

自由というものに施錠されて閉じ込められて

結局不自由であるということに気づく

 

目の前のことだけが本当なら本当のことなんて

なんて薄っぺらいのだろう

 

何もかもうまくいくようにできているなら

解き放つことができるだろう

 

空から落ちる水滴のように身を任せて

気が向いたら虹を作ろう

 

晴れた日があるなら綺麗な花を摘んで

窓際の空き瓶に揺れるカーテンを

哲学者キルケゴールに花束を。

連日更新してみる。

 

いろんな事考えたり、刺激を受けたりして、どんどん考えが変化していってる。

数週間前にネガティブだったのがウソみたいに穏やか。

 

余裕がないって本当に怖い。

考えも、行動も、何もかもうまくいかなくなる。

 

したいことは何か、だとか、こうしなきゃ、だとかを考え続けていた。

それはもちろん、無駄ではないけど、結局遠回りしてたのかなと思う。

 

一番の近道は自分に正直になること。

何もしたいことが浮かばないなら、ただ心地よく。

したいことがあるなら、それをする。

ただそれだけのこと。

 

絶望とは死に至る病である。

哲学者キルケゴールは言った。

 

でも、果たしてそうだろうか?

もし、自分に絶望して、そんなの自分自身で、自分に失礼だ、とか思って

いろいろ変えられるのなら、絶望するのが手っ取り早い。

もしかしたら、死んでから生まれ変わるのかも。

 

僕は上記の文言しか知らないのですが、きっと、

キルケゴールキリスト教と絡めた内容なので、全く違うと思う。

 

でも。

この一文が頭をよぎるということは、きっと何らかの意味合いがあるのだと思う。

 

自分を大切に。

自分に失礼のないように。

自分で満たすように。

自分で自分を幸福にするように。

 

すると不思議なことに周りにも心から気を配れて、

何事もうまくいって、どんどん良い方に回っていくから。

 

今、びっくりするくらい穏やかで、幸福。

全く焦る必要はない。大丈夫。

思うがままに生きればいい。

運がいいんだ、死にゃしないさ。

 

自分自身に愛を。

哲学者キルケゴールに花束を。

刺激と敬意

とても心地よく、刺激的で楽しかった。

久しぶりに友人に会った。

 

何も変わらない。変わったと言えば、良いものを求めたり、自分の信じるところというのがもっともっとはっきりしてきてたり。

 

したいことを、きちんと出来る。

それを実行できるのは、本当に自分で自分を大切にしているから。

 

そして、そんな人は輝いている。

いいものを引き寄せている。

きっと、もっともっと上のステップへと自分を運んでいく。

僕の目に、彼らはそんな風に映った。

 

何事も制限なんてない。取捨しなくていい。ただ、選択するだけ。

例えば、仕事とプライベート、どっちかを頑張ったらどっちかを犠牲にしなきゃいけない、なんてことない。どっちも選べばいいだけ。

それがしんどいなって思うなら、どっちかが自分には適してない。

犠牲にしたくないのに犠牲にしてしまうのは、それは知らないうちに自分がそう選んじゃってるから。

欲張っていいんだ、全部全部望んだことだ、そう思えれば物事は自然とそう動いていく。

起こること全てに、意味があるなんてそんなにポジティブにはなれないけど、それでも意味合いを見つけてもいいんじゃないか。

 

丁寧に、自分で自分を大切に過ごしていく。

もっともっと、自分を大切に、ということを前提にしていければ。

 

なにかをしようと思って少しでも行動を起こした段階でそれはもう自分の意識に組み込まれる。というか、その時点でできるのははっきりしている。

 

友人の起こすであろう行動は自分にはまねできないな、うらやましいと思ったけど、彼は彼。自分は自分。

自分なりに生きていけばいい。

 

幸福は身の回りにたくさんあって、それぞれの人に見合った大きさでいたるところに存在してる。

それを見るか見ないか。

 

丁寧に、余裕をもって過ごせば、もっともっと見える。

もっともっと幸福になる。

当たり前なんてない。すべては必然だとしても、当たり前なことではない。

 

改めて、自分を大切にしたり、自分の望むことをしてみたとき、全てはうまく回りだす。体感してるんだから、それほど強いものはない。

自信を持たなくてどうする、自分は一人だし、こうして存在してる。

正直に、素直にしてると、なんとかなるようにできていると思う。

楽しまなくて、大切にしなくて、そんなのでいいの?

 

もったいないよ。

もっともっと自分を大切にして、自分で自分を満たして、自分自身に敬意を表して。

140字制限の無限さ

ブログを書き始める前、みたいに、変わっていけてた前みたいに、

自信喪失して、なにかにおびえるようになりつつある。認めたくないけど。

 

何がしたいのか、何を求めているのか。

 

頭がぐるぐるなって、自分の良さだと思ってた優しさも

何もかも息をひそめたみたいにうまくできない。表情にも出てる。

 

承認、褒められること、愛情、安定…

 

ただ、実際に求めているのはそんなもんじゃないと思う。

それらが誰かや何かで満たされたところで、うわべだけの幸福感だ。

そうじゃなくて、もっとシンプルだと思う。

例えば、あれが食べたい、これが飲みたい、とかそういう類の。

 

最近そんなことを考えていると、ツイッターにて、友人がそのまた友人(彼もまた、自分の友人)の過去のツイートをリツイートしていた。

なかなかセンチメンタルな内容もあったけど、書いていた願望やしたいこと、本当に、本当に、決められていたかのように実現してた。

なぜだかわからないけど泣きそうになった。

これって、めちゃくちゃすごいことだと思う。

彼は、本当に自分に正直で、自分を幸福にしたり、大切にしていて、素敵な人だ。

リツイートしていた友人も同じくとても素敵な人で、影響力がすごい人。

 

僕の周りには素敵な人が本当にたくさんいる。

上記二人を筆頭に、他の友人、恋人、上司、家族に。

みんなしたいことを持っていたり、自身が確立されていたり。

一緒にいると感化されたり、心地よかったりする人たちばかり。

 

そこで自分に立ち返ってみる。

はたして自分はどうだろう?素敵な人になれているだろうか?

今の自分に対して、答えははっきりと、NOだ。

誰しもが必ず持ち合わせている、その素質は自分にもあるのに。

 

したいこと、願望、素直な気持ち。

本当は持っている。周りの人や、臆病さ、そういうもんに埋もれてしまってなかなか見えないけど。

素直になれないのはなぜか。根底にあるものを見ずに表面だけで求めようとばかりするのはなぜか。

原点に立ち返って、それを再度考える。正直に生活する。素直な気持ちを大切に。

 

自信喪失してもいいことなんてない。

表情が後ろ暗くなったり、目つきが悪い。いやだ。

そうなる必要なんてないし、理由もないんだから。

むしろ自分のことを客観的に見れば、

お前はこれ以上何を望むんだ、というくらい充実しているはずなのに。

I can get no satisfaction. じゃあどうしてそう思う?

自分で自分を大切にして、充足させて、満たされようよ。

自分で完結できるはずだ。

 

小説フィリップマーロウシリーズの中にこんな一説が。

「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない。」

 

さあ、素直になろう。

イライラしてもいいことない。余裕を持ち合わせなきゃ楽しくない。

 

何でも叶うさ、正直に生きろ。

悪いようにはならないぜ、自分に素直に生きればそうまわっていくもんさ。

 

自分に正直になって過ごして、周りの人や環境が離れていくようならそれだけのこと。(無論、僕の周りの人はそんなことで離れていくような人ではないことをよく知ってる。先述の通り、素敵な人たちばかりだから。ただ自分が起こりもしないことに臆病になっているだけ。)

心配しなくても、自然と、素直になった自分に合った人々や環境がまわりに満ち溢れてくる。

 

自分が主役なんだろ?

それぞれの人が、自分自身が主役でそれぞれの主演作品を立ち回ってるのに。

もったいない、主役をはれるのなんて一度しかないんだから。

Steve McQueen

急に秋になりました。

これくらいの気候がずっと続いて、晴れも続けばいいのに。

 

この間から、気づいたというか、改めて考えさせられたというか、事柄がある。

他者を受け止める、とか、穏やかさ、とかの話をしていて、ふと、男性的な魅力ってそこにつながる?と。

外見云々というより、中身。

女性はそういうところに敏感である、と。

そうなんですか?

 

じゃあ、男性的魅力、色気ってもしかして・・・?

 

それを考えたとき、きっと、見た目とかを気にする人、たくさんいると思う。

所作や髪型、ファッション、目に見えるところで。

だって分かりやすく変化できるから。

でも、それらができてもいつかきっとメッキははがれる。

演じ切るにも限界がある。

狼の皮を被ったヒツジ。

 

そうじゃないのじゃないか。

穏やかさ、余裕、器の大きさ。

こういうのがナチュラルに備わっている、もしくは備えることが出来うるかどうか。

男性は30代からだ、という言葉を何度か聞いたことがあります。

それは、そこまでに、恋愛や人間関係や社会に出て、いろんなことを経験したからだと思うんです。

だからといって、ただ時を過ごすだけじゃ意味がない。

それを得られるかは自分次第。

頑張ろう。

 

ここまで男性の魅力、とかって書いてたけど、これ、男性だけじゃないと思うんです。

素敵な人全般に言えること。

 

せっかくの人生を過ごすなら、極力イライラしない方がいい。

多少のことに動じない方がいい。

精神的余裕がある方がいい。

もっと何事も楽しめばいい。

 

余裕さ、穏やかさがある人、と考えたらSteve McQueenが出てきた。

イメージからのタイトル。

 

そうそう。何事も楽しもうということに準じて。

同じタイミングで、ファッションの話にもなり。

「2日で外見は変わる」という、なんか面白いフレーズをいただきつつ、

話は断捨離、ミニマリストのことに。

そこから思いついたこと。

それをもうじき実験してみようと思います。

 

もっともっと毎日を楽しもう。

もっともっと素敵な毎日を。

 

余裕さのある心境を。

 

Like Steve McQueen.

ギスギス

最近、ギスギスしている。

最初はずっと続く低い空のせいだと思ってた。

でも、どうやら違うみたい。

 

引越しをした、と前回くらいに書いたけど、それは彼女と同棲するため。

すんなりとゆるーく過ごせる、そう思ってた。

でも、2週間くらい経って、やはり突き詰めると他人同士、ぶつかること、生活リズムの違い、価値観の違いなど、そういうものに直面してきた。

そうしたいわけじゃないのに、そう思ってほしいわけじゃないのに、楽しく過ごしたいだけのはずなのに。

 

それで話し合った。

 

結局のところ、同棲前に自分が変われたと思ってたところ、掴めていたと思ってた適切な距離感、そういうのが振出しに戻ってる感覚。

一度変わり始めるとずっと変わり続けなければならない、変化しようと決めてこのブログを始める前に、そういうことを言われた。

その時は意味が分からなかったけど、今になるとすごくわかる。

 

何事にも、適切な距離感、熱量、そういうのってあると思う。

 

そこに、前回書いたような焦燥感や余裕のなさも相まってる。

小粋さ、楽観、精神的余裕、優しさ、愛情。

 

最近は、そんな大切なものを、きちんと大切にできてなかったと思う。

 

また、忘れていたものを改めて思い出して、ワクワクを取り戻す。

同棲ごっこ、ままごと、じゃなくてちゃんとした同棲、大人に。

 

思い煩うことなく愉しく生きよ

 

日常の中にもっと幸福を見出したり、いろんなことを当たり前だと思わないように。

冷静に考えて、今は希望しかないはずだ。

楽しくて、幸福なことしかないはずだ。

 

もっと冷静に、改めて見直してみる。

 

一度できたんだから、またすぐできる。それに慣れたら、継続できていく。

 

依存と自分を大切にするのは似て非なるものだ。

その線引きをきちんと。

大丈夫さ。

下降線はたどりたくない

久しぶりに、あまり芳しくない傾向に進んでる気がする。

ここまで、急激に変化して、自信がついたと思ってた。

意外と根っこの部分に少しだけ残っていた。

ネガティブ、考えすぎ、焦燥感、せっかちさ。

個人的なことで、引っ越しもあって、その片づけに無駄に追われてて、

やることが多くて寝不足なのも原因だと思うけど。

 

心に余裕がない。何かに追われている。

冷静に考えると頭に浮かぶ、いつも思い描いている、好きなことや落ち着くこと、

ゆるゆると過ごしてた時の無敵感。

 

こういうときもあるよね、でもできればない方がいいよね。

じゃあどうするの?どうなってるのがいい方に進む?

 

ゆっくりとしたペースで進めばいい。

あれもこれもしなきゃ、早くこうしたい、は考えないように。

そう考えててもそうならないということは、タイミングじゃないんだ。今じゃない。

 

やりたいことをやればいい。だれも止めないし、それで幸せな気分になれば

すべてうまく回っていくよ。

幸せな気分でいること、自分で自分を幸せにすること。

 

時間ならこれからたくさんある。

 

焦るな、焦るな。おいしいものは最後にとっとくもんだ。

 

その間にも小さい幸福の積み重ねを。

当たり前に思えることも視点を変えれば当たり前じゃない。

 

変わったからって、意識から抜けそうになってた大切なこと。

それを思い出せて良かった。

自分を大切に、感性を、したいことに忠実に。

 

今自分が置かれている状況は、とてつもなく愛おしいのだ。